学位授与に関する方針 (ディプロマ・ポリシー)

神戸大学は、開放的で国際性に富む固有の文化の下、「真摯・自由・協同」の精神を発揮し、個性輝く人間性豊かな指導的人材の育成を通して、学問の発展、人類の幸福、地球環境の保全及び世界の平和に貢献することを目指している。

この目標達成に向け、本学では、教育課程を通じて授与する学位に関して、学部及び大学院において国際的に卓越した教育を保証するため、以下に示した2つの方針に従って当該学位を授与する。

  • 学部あるいは研究科に所定の期間在学し、卒業並びに修了に必要な単位を修得し、当該学部あるいは研究科が定める審査に合格する。
  • 卒業あるいは修了までに、本学学生が、それぞれの課程を通じて身につけるべき能力を次のとおりとする。

「人間性」
豊かな教養と高い倫理性をそなえ、知性、理性及び感性が調和し、自立した社会人として行動できるようになるため、次の2つの能力を身につける。

  • 様々な場面において、状況を適切に把握し主体的に判断する力
  • 専門性や価値観を異にする人々と協働して課題解決にあたるチームワーク力

「創造性」
伝統的な思考や方法を批判的に継承し、自ら課題を設定して創造的に解決できるようになるため、次の2つの能力を身につける。

  • 他の学問分野の基本的なものの考え方を学び、自らの専門分野との違いを理解する力
  • 能動的に学び、新たな発想を生み出す力

「国際性」
多様な価値観を尊重し、多文化社会のより深い理解に努め、優れたコミュニケーション能力を発揮できるようになるため、次の2つの能力を身につける。

  • 複数の言語で異なる文化の人々と意思を通じ合うことができる力
  • 文化、思想、価値観の多様性を受容し、地球的課題を理解する力

「専門性」
それぞれの職業や学問分野において指導的役割を担えるように、学士課程にあっては、幅広い知識とそれを基盤とした専門的能力を、また大学院の各教育課程にあっては、深い学識と高度で卓越した専門的能力を身につける。

それぞれの課程で身につける専門的能力は各学部・研究科が定める。

各学部のディプロマ・ポリシー

(平成29年4月 日改定)

各大学院研究科のディプロマ・ポリシー

(平成29年4月 日改定)