農学部 学位授与に関する方針

神戸大学農学部は,農学を核とする広範な知識を授けるとともに,食料・環境・健康生命に代表される農学の諸課題を探究することによって,持続共生社会を構築するための知識と技術を備えた人材を育成し,知的基盤を創成することを目的としている。

この目的を達成するため,以下に示した方針に従って学士の学位を授与する。

学位:学士(農学)

食料環境システム学科生産環境工学コース

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,農学部食料環境システム学科生産環境工学コースは以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学部に4年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,卒業までに,本コース学生が,身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 食や農に関わる工学的分野の基盤となる知識を体系的に理解・応用することができる。
    • 高い倫理観と使命感をもって,食や農に関わる工学的分野の研究を批判的に検討し,課題を適切に設定することができる。
    • 食や農に関わる工学的分野の専門知識にもとづき,実験・調査を行い,解析を行うことができる。
    • 食や農に関わる工学的分野の専門知識や技術を,社会的課題の解決策として活用することができる。

食料環境システム学科食料環境経済学コース

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,農学部食料環境システム学科食料環境経済学コースは以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学部に4年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,卒業までに,本コース学生が,身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 食や農に関わる社会経済的分野の基盤となる知識を体系的に理解・応用することができる。
    • 高い倫理観と使命感をもって,食や農に関わる社会経済的分野の研究を批判的に検討し,課題を適切に設定することができる。
    • 食や農に関わる社会経済的分野の専門知識にもとづき,情報収集・社会調査を行い,分析を行うことができる。
    • 食や農に関わる社会経済的分野の専門知識を,社会的課題の解決策として活用することができる。

資源生命科学科応用動物学コース

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,農学部資源生命科学科応用動物学コースは以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学部に4年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,卒業までに,本コース学生が,身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 食や農に関わる動物科学分野の基盤となる知識を体系的に理解・応用することができる。
    • 高い倫理観と使命感をもって,食や農に関わる動物科学分野の研究を批判的に検討し,課題を適切に設定することができる。
    • 食や農に関わる動物科学分野の専門知識にもとづき,実験・情報収集・調査を行い,分析を行うことができる。
    • 食や農に関わる動物科学分野の専門知識や技術を,社会的課題の解決策として活用することができる。

資源生命科学科応用植物学コース

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,農学部資源生命科学科応用植物学コースは以下に示した方針に従って当該学位を授与する.

  • 本学部に4年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,卒業までに,本コース学生が,身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 食や農に関わる植物科学分野の基盤となる知識を体系的に理解・応用することができる。
    • 高い倫理観と使命感をもって,食や農に関わる植物科学分野の研究を批判的に検討し,課題を適切に設定することができる。
    • 食や農に関わる植物科学分野の専門知識にもとづき,観察・実験を行い,分析を行うことができる。
    • 食や農に関わる植物科学分野の専門知識や技術を,社会的課題の解決策として活用することができる。

生命機能科学科応用生命化学コース

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,農学部生命機能科学科応用生命化学コースは以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学部に4年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,卒業までに,本コース学生が,身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 食や農に関わる生命化学分野の基盤となる知識を体系的に理解・応用することができる。
    • 高い倫理観と使命感をもって,食や農に関わる生命化学分野の研究を批判的に検討し,課題を適切に設定することができる。
    • 食や農に関わる生命化学分野の専門知識や技術にもとづき,情報収集・実験を行い,分析することができる。
    • 食や農に関わる生命化学分野の専門知識や技術を,社会的課題の解決策として活用することができる。

生命機能科学科環境生物学コース

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,農学部生命機能科学科環境生物学コースは以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学部に4年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,卒業までに,本コース学生が,身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 食や農に関わる生物学分野の基盤となる知識を体系的に理解・応用することができる。
    • 高い倫理観と使命感をもって,食や農に関わる生物学分野の研究を批判的に検討し,課題を適切に設定することができる。
    • 食や農に関わる生物学分野の専門知識にもとづき,実験・調査を行い,分析を行うことができる。
    • 食や農に関わる生物学分野の専門知識や技術を,社会的課題の解決策として活用することができる。