国際文化学部 学位授与に関する方針

神戸大学国際文化学部は、開放的で国際性に富む環境の中で、「国境を越え、文化を横断し、活動する知性」を育成し、学問の発展、人類の幸福、地球環境の保全及び世界の平和に貢献することを目指している。

この目標達成に向け、国際文化学部では、教育課程を通じて授与する学位に関して、国際的に卓越した教育を保証するため、以下に示した2つの方針に従って学士の学位を授与する。

  • 国際文化学部に原則として4年間在学し、卒業に必要な所定の単位を修得する。
  • 全学で定めた学位授与方針の4つの目標を踏まえて、本学部学生が学習を通して卒業までに達成する目標は、次のとおりとする。
    • 幅広い教養と高い倫理性を身につけ、豊かな感性と柔軟な思考力をもって、自ら判断し行動できる。
    • 様々な文化や異なる社会に対する理解力をもち、異文化間の対話と問題解決を可能にする自在なコミュニケーション能力を発揮できる。
    • 深い異文化理解と高度な情報コミュニケーション能力、さらには学際的知識を背景に、国際化時代の社会的要請に多角的に応えることができる。
    • 文化の諸問題を世界的視野に立って考察し、地球規模で社会に貢献できる。