法学部 学位授与に関する方針

神戸大学法学部は、幅広い教養と法学・政治学的素養を備え、現代社会における専門的要請に対応し得る問題解決能力を身につけ、将来、法学・政治学の領域において活躍できる人材を育成することを目的としている。

この目的を達成するため、以下に示した方針に従って学士の学位を授与する。

学位:学士(法学)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、法学部は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学部に所定の期間在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、卒業までに、本学部学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 法学に関する幅広い知識とこれを基盤とした専門的能力
    • 政治学に関する幅広い知識とこれを基盤とした専門的能力
    • 多様な価値観を尊重し、法的・政治的領域の課題を適切に把握する能力
    • 問題解決のために、幅広い思考により新たな発想を生み出す能力