東日本大震災にかかる「神戸大学基金」の取り組みと活動へのご支援のお願い

「緊急奨学金」支給と「学生ボランティアバス」派遣を支援します

この度の東日本大震災によりお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々やご家族をはじめ、関係する皆さまに心からお見舞い申し上げます。

神戸大学におきましては、阪神・淡路大震災に見舞われたおりに、東北、関東を含む多くの方々に大きく温かいご支援を賜りました。この体験を思い起こし、可能な限りの支援を行うべく構成員が一丸となって取り組んでおります。

「神戸大学基金」は東日本大震災にかかる取り組みとして、基金「基盤事業」に寄せられたご厚意により、被災地出身の対象学生への「神戸大学基金緊急奨学金」の支給や、「学生ボランティアによる被災地支援活動」への資金援助を始めました。

直近では、「学生ボランティアバス」を岩手県大船渡市と遠野市に派遣し、その経費の一部を「神戸大学基金」から支援します。

  • 岩手県大船渡市/2011年4月28日(木)~5月5日(木)/学生 (含教員) 計 約25人
  • 岩手県遠野市/2011年4月30日(土)~5月8日(日)/学生 (含教員) 計 約30人

本学は今後も展開されるこれらの活動を継続的に支援いたしたく、皆様方にはこの趣旨をお汲み取りいただき、「神戸大学基金」 (東日本大震災支援) を通じて本学の支援活動へのご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

平成23年4月26日

神戸大学基金推進室