環境憲章

(平成18年9月26日制定)

(基本理念)

神戸大学は、世界最高水準の研究教育拠点として、 大学における全ての活動を通じて現代の最重要課題である地球環境の保全と持続可能な社会の創造に全力で取り組みます。

私たちは、山と海に囲まれた地域環境を活かして環境意識の高い人材を育成するとともに、 国際都市神戸から世界へ向けた学術的な情報発信を常に推進し、自らも環境保全に率先垂範することを通して、 持続可能な社会という人類共通の目標を実現する道を築いていくことを約束します。

(基本方針)
  1. 環境意識の高い人材の育成と支援

    大学の最大の使命は人材の育成にあります。

    私たちは、地球環境や地域環境への影響を常に意識して行動する人材を養成するために教育プログラムを絶えず改善し、 人文・社会・自然科学の知見を統合して、環境に対して深い理解をもつ人間性豊かな人材を国際社会や地域社会と連携して育成することに努めます。

  2. 地球環境を維持し創造するための研究の促進

    地球環境を保全し、持続可能な社会を創造するためには、 さまざまな課題を克服する研究成果の蓄積が必要です。

    私たちは、環境問題に関する個別分野の研究と関連分野を統合した学際的な研究の双方を推進し、 その成果を世界と地域に向けて発信することに努めます。

    また、このような研究成果を国際社会と地域社会の発展に具体的に結びつける活動を支援します。

  3. 率先垂範としての環境保全活動の推進

    地球環境を保全するためには、ひとりひとりの行動が大切です。

    私たちは、日々の活動を通じて、環境を守り、エネルギーや資源を有効に活用し、 有害物質の管理を徹底することによって、環境に十分配慮したキャンパスライフを率先します。

    さらに、環境保全活動の情報を開示し、関係者とのコミュニケーションを通じて、 継続的な改善に努めます。