情報公開制度のご案内

神戸大学では、「独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律」に基づき、本学が保有する法人文書の開示を実施しております。

開示の窓口

法人文書の開示請求の受付・相談を行う窓口として、事務局1階情報開示室を設置しています。

開示請求の方法

開示請求される方は、あらかじめ事務局1階情報開示室でご相談のうえ、法人文書開示請求書を提出ください。

なお、開示を希望する法人文書が特定しているなどの場合は、郵送による方法で法人文書開示請求書を提出することもできます。 ただし、電話、FAX、電子メ-ルでの開示請求はできません。

開示の決定

開示決定等は、開示請求書が到達した日から特別な場合を除き30日以内に行い、開示請求者に通知します。

開示の実施方法の申出

開示を受ける方は、開示決定通知 (部分開示を含む。) のあった日から30日以内に、 法人文書の開示の実施方法等申出書により、希望する開示の実施方法 (閲覧・写しの交付、開示実施希望日、「写しの送付」の希望の有無を選択) を指定してください。

開示の実施

開示の実施方法を選択されましたら、法人文書開示決定通知書を持参のうえ、指定の日時に情報開示室にお越しください。

なお、「写しの送付」の方法により郵送にて開示を実施することもできます。

開示の費用等

開示請求手数料は、法人文書1件につき300円です。

開示実施手数料 (文書又は図面の場合) は、法人文書1件につき下記の料金表のとおりです。ただし、300円に達するまでは無料です。

料金表 (文書又は図面の場合)

開示の実施方法 開示実施手数料の金額
閲覧 100円/100枚
コピー (白黒) の交付 10円/1枚 (A3版以下)

開示請求手数料、開示実施手数料の納入方法としては、 情報開示室で現金により納入していただく方法と郵送により開示請求又は開示の実施を希望される場合は、 郵便局において本学の払込取扱票により払込んでいただく方法があります。郵便局で払込んだ場合は、郵便振替払込受付証明書を 「法人文書開示請求書」又は「法人文書の開示の実施方法等申出書」を提出する際に添付してください。