教職員採用案内: 神戸大学を希望するみなさんへ

photo

国立大学は法人化以降、国から交付される運営費交付金が逐年減少し、経営環境は厳しさを増しています。このような環境において、高等教育の充実や産官学連携など大学としての役割をいかに果たしていくかが問われています。

神戸大学では、世界のトップクラスの教育研究機関となること、卓越した社会貢献・大学運営を実現することを目指して、「神戸大学ビジョン2015」を策定し、これを具体化するための各種施策に全学を上げて取り組んでいます。

国立大学法人職員を希望するみなさん、「神戸大学ビジョン2015」の実現に向けて、共に創造し、喜びを分かち合いませんか。

神戸大学はこんな人材を求めています

経営感覚を持ち、広い視野から考えることができる人

法人化後の大学運営には、民間的発想が欠かせないものとなっています。職員もこれまでとは違い、経営感覚を持ちながら仕事を進める必要があります

既存の考えにとらわれず、柔軟な発想ができる人

法人化を契機とする大きな変化の中では、既存の枠にはまらず、柔軟な発想をもって環境の変化に対応する能力が求められます。

新しいことに挑戦しようという旺盛な好奇心、情熱を持っている人

大学の大きな変化に取り残されないよう、自ら積極的に考え、責任を持って仕事に取り組んでいく姿勢が必要です。