第37回神戸大学経営協議会議事要録

日時
平成23年6月24日 (金)  15:00~17:10
場所
神戸大学本部 大会議室
出席者
福田議長 (学長)、武田委員、田中委員、竹園委員、横野委員、中村委員、石田委員、正司委員、下林委員、天野委員、大橋委員、佐藤委員、高﨑委員、永野委員、平野委員、水越委員
(オブザーバー) 石村監事、鈴木監事、安藤学長補佐
欠席者
井戸委員、小林委員、矢田委員
議事要録について
第36回経営協議会の議事要録について、特段の意見はなく、役員会として確認の上、神戸大学のホームページに公表する旨説明があった。
審議事項
[委員からの主な意見等 (○: 意見・質問、→: 回答)]
  1. 平成22事業年度に係る業務の実績報告について

    平成22事業年度に係る業務の実績に関する自己評価について説明を行い、審議の結果、原案を承認した。なお、今後の修正については、学長一任とすることを併せて承認した。

     
  2. 平成22年度財務諸表について

    平成22年度財務諸表について、決算概況書及び医学部附属病院決算に基づき説明を行い、審議の結果、原案のとおり承認した。また、併せて、財務諸表に添付する事業報告書について説明を行い、審議の結果、原案のとおり承認した。

    ○ 外部資金獲得状況の説明において、平成23年度は科学研究費補助金の獲得状況が上昇に転じたと説明があった。この獲得状況の推移は非常に重要で、我々も気になっている。外部資金等の獲得には、科学技術基本計画への対応によるところも大きいと聞いているが、政府の新しい政策に対して、どのように取り組んでいるのか。

    → 事業仕分けの中で多くの予算が削られたが、科学技術予算や大学に対する研究の補助金は増額されており、特に科学研究費補助金は、前年度より30%以上増額されている。このうち、同補助金の複数年度使用を可能とした基金化分を除くと10%程度の増額となり、本学も全体の伸び率から見ると若干物足りないが獲得金額は増えている。本学は、全国で同補助金の新規採択件数が10位、獲得金額が13位であるが、毎年同程度の順位であり、この打開策をうち立てたいと考えている。
    また、戦略的な経費である特別経費 (プロジェクト分) については、状況を見極めながら概算要求を行う予定である。

    ○ 東北地方太平洋地震を受けて、第4期科学技術基本計画が再検討されており、現在パブリックコメントの募集が行われている。その見直し案の修正箇所は、大部分が震災対応に関するものである。原子力関係、放射能問題、新エネルギーなど、今回の震災からの復興、再生、災害対応の強化等に関して、良いアイデアには桁違いの投資が行われることが予想される。これらの課題等には、大学の新しい知恵が必要となる。先端融合研究を推進する神戸大学には、是非とも頑張ってほしい。

    → 総合大学としての特色を活かし、本学としてどのような貢献ができるかということを考えていきたい。

    ○ 附属病院の平成22年度決算では、常勤の人件費が少なくて、非常勤の人件費が多くなっている。一時的に経費を抑えられたかもしれないが、将来的にはこのことが不安材料とならないか。

    → 常勤の人件費を抑えたのではなく、常勤の麻酔医を計画どおりに増員することができなかったこと等により少なくなったもので、平成22年度の反省点と認識している。

報告事項
[委員からの主な意見等 (○: 意見・質問、→: 回答)]