「学校教育と社会」ノート―教育社会学への誘い―

本書は神戸大学の総合教養科目「学校教育と社会」および非常勤講師として勤務している大学で担当している「教育社会学」の指定教科書である。神戸大学では平成28年度から、かつての教養原論を基礎教養科目と総合教養科目に分け、さらに高度教養科目というカテゴリーを新たに設けた。平成28年度以降の神戸大学の科目区分においては、「学校教育と社会」は総合教養科目に該当する。総合教養科目とは、「多文化に対する理解を深め、多分野にまたがるグローバル・イシューを考え、対話型の講義を取り入れるなどの工夫により、学生の複眼的なものの見方、課題発見力を養成することを目的とする」(神戸大学HPより)科目群である。新たなる「学校教育と社会」もその趣旨に基づいて行われる。

同授業は、平成27年度まで「(旧)学校教育と社会」として半期15回で行われていた授業をクォーター制に基づき8回分に再編成した授業であり、「(旧)学校教育と社会」の前半部分に当たる。「学校教育と社会」では、教育社会学の視点から(教育学の視点からではなく)の「学校教育と社会」との関わりについて分析し、一般論を述べると同時に、日本および先進諸国の事例を随時織り交ぜて行う。とくに、英米を中心とする先進諸国の事例を多く織り交ぜている。

上記の通り、本書は平成28年度からの新たな授業に備えるためのものであるが、その一方で、平成27年度をもってちょうど25年を迎える、筆者の大学教員生活の「教育活動の集成」という意味も込められている。大学院入学後これまで7年~9年ごとに「研究活動のまとめ」としての単著をまとめてきた。だが、本書が前書の刊行後4年しか経過していないのは、「研究活動のまとめ」ではなく「教育活動の集成」だからである。「25年もかかってこの程度か」という声も聞こえてくるが、国立大学教員としてまとめる責務があると考え、拙いながらにまとめたわけである。なお、「研究活動の集成」については数年後に予定している。

筆者は本書を大変楽しみながら執筆した。これほど楽しく執筆したのは初めてである。学生にあれを教えよう、これを教えようと資料を引っ張り出してはうだうだと加筆した。ただ、その楽しい執筆を支えてくださったのは田中千津子社長をはじめとする学文社編集部の方々である。いつもながら、出版に関してわがままを聞いてくださる田中社長はじめ編集部各位に厚く御礼申し上げる。また、本書の第2章にみられるイラスト4点は、筆者の教え子である愛知教育大学講師の武寛子氏によるものである。生真面目な武氏は筆者の旧著のためにこれらのイラストを懸命に考えてくださったようである。感謝したい。

 

目次

第一章 「学校教育と社会」とは何を論じる授業か
1.「学校教育と社会」という授業の特徴について
2.教育≠学校教育
3.「育てる」と「教える」
4.教育の「工場モデル」と「医療モデル」
第二章 豊かさを目指して―高度経済成長と受験競争の大衆化、過熱化―
1.戦後日本社会の大きな変化
2.中流階層とメリトクラシー
3.エリート、学力、学校制度
第三章 高学歴はなぜ尊重されたのか―教育投資論、スクリーニング仮説、統計的差別理論―
1.教育投資論
2.スクリーニング仮説
3.統計的差別理論
4.21世紀に入ってからの動向
第四章 エリート教育と才能教育
1.エリート形成と教育の関係を巡る2つの見解
2.単線型の教育システムとエリート形成
3.才能教育について
4.才能教育論の源流と戦前の実践
5.戦後の混乱と実践
6.教育上の「例外措置」
7.エリートの周流と社会全体の周流:結語に代えて
第五章 日本の教育経費―授業料・奨学金政策―
1.奨学金制度の誕生
2.教育経費の国際比較
3.私立大学の初年度納付金はどれぐらいかかるのか?
4.高等教育の無償化は可能か?
5.国立大学の教育機会は開かれているのか?
6.学生アルバイトの実態
第六章 高学歴者過剰問題について考える
1.はじめに:大学院にかかわる私的経験から(その1)
2.新規大学院修了者の就職状況はどう変わったのか?
3.大学院にかかわる私的経験から(その2)
4.結論
第七章 大学と学生文化の変遷
1.1960年代の学生の諸類型
2.2000年代の学生の諸類型
3.結論
附録図表
初出一覧
統計資料参考文献一覧
索引
著者略歴

 

(大学教育推進機構/大学院国際協力研究科・教授 山内 乾史)