『ウォーホルの芸術 20世紀を映した鏡』

『ウォーホルの芸術 20世紀を映した鏡』

20世紀を代表する美術家であるアンディ・ウォーホル(1928-1987)は、生前における多方面にわたる活躍やメディアへの頻繁な露出から、これまで様々な流言飛語に曇らされ、毀誉褒貶に包まれていた。

しかし、1989年にニューヨーク近代美術館で大規模な個展が開催され、94年にはアメリカにある個人美術館としては最大のアンディ・ウォーホル美術館が開館するなど、その多方面な芸術は正確に評価されつつある。

「孤独なトリックスター」の実像とはー。本書は、日本での大規模なウォーホル回顧展にも関わった美術史家が、ウォーホル芸術の意味と本質に迫り、それを広く美術史の中に位置づける画期的論考である。

(人文学研究科准教授・宮下規久朗)