『アジアの法整備と法発展』

『アジアの法整備と法発展』

開発援助の世界で、「法の支配」がテーマとなっている。 しかしこれを研究する「法と開発」領域は、欧米研究者による一方通行が定着してきた。 筆者はこの領域に日本から参加する数少ない研究者として、アジアの支援受入国の側から、 欧米法や欧米ドナーのありかたを逆に見つめていく視点を持ち込もうとしている。 とくに1990年代半ば以降に日本からアジア諸国向けに実施されている 「法整備支援」の細部に取材し、法学者より以上に裁判官・検事・弁護士といった実務法曹が担った、書かれた法を超えた経験知を体する支援過程に立ち入りながら、 アジア社会が主体的に模索しつつある司法制度・訴訟手続・調停・仲裁制度の独自の魅力と、 日本からの関与の課題に迫っている。方法的には、現地実定法の体系的分析と、 フィールドワーク・現地判例研究による動態分析を意欲的に組み合わせ、 アジア法研究の新たな方法的接近を図っている。

(国際協力研究科教授・金子由芳)