『フェルメールの光とラ・トゥールの焔-「闇」の西洋絵画史』

『フェルメールの光とラ・トゥールの焔-「闇」の西洋絵画史』

名画に見る「闇」がつくった西洋絵画の歴史

17世紀西洋絵画の巨匠ラ・トゥールやレンブラント、フェルメールといった、日本で人気の高い画家に共通している特徴は、 精神性の高い、静謐で幽玄な光と闇の描写にあります。それらの画家の絵画に描かれた深く豊かな闇の表現は、 『陰影礼賛』を素直に理解し受け入れる感性をもった日本人にとっては、親しみやすく感じられるものです。 しかし、「闇」を描くことは、西洋絵画の歴史の中では、極めて革新的な出来事でした。 なぜなら、中世以降、西洋絵画は神を讃えることを目的に描かれたため、世界を照らし出す光に包まれているべきものだったからです。

本書では、イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチによって確立された革新的な「闇」の表現が、 バロック絵画の先駆者カラヴァッジョによる光と闇がドラマティックに交錯する絵画を経て、 いかにしてラ・トゥール、レンブラント、フェルメールらの静謐で精神的な絵画を生み出していったのか、西洋絵画における「闇」の歴史をたどります。 わかりやすい文章と数多くの美麗で魅力的な図版によって、初心者も経験者もともに、これまでになかった斬新な視点から西洋絵画の歴史が楽しく読める書物となっています。

(人文学研究科准教授・宮下規久朗)