『為替レート制度選択の経済分析:東アジア持続的成長の条件』

『為替レート制度選択の経済分析:東アジア持続的成長の条件』

東アジア経済は長らく、事実上のドル・ペッグ制を採用してきました。ドル・ペッグ制は、為替レートの安定を通じて貿易を促進するとともに、金融政策の名目アンカーの役割を果たし、「東アジアの奇跡」と称賛される目覚ましい経済発展を支えました。しかしながら、東アジア新興国の先進国経済へのキャッチアップが進み、産業の国際競争力が向上するとともに、金融・資本の自由化が進展すると、硬直的なドル・ペッグ制の弊害が次第に大きくなりました。アジア通貨危機を契機に、それが一気に表面化したと言えます。為替レート制度の選択は、為替レートの安定性や柔軟性を決定するとともに、金融政策の独立性・有効性を左右します。また、マクロ経済の安定や貿易、経済成長に影響を与えます。本書は、為替レート制度の選択が、先進国へのキャッチアップが進む東アジア新興国や急速な経済発展を遂げている中国の経済に及ぼす影響について分析を行い、東アジア経済が持続的な成長を続けるための条件となる為替レート制度のあり方について提言を行います。

(経済学研究科教授・金京 拓司)