シリーズ激動期のEU (全3巻)

  • シリーズ激動期のEU1 EU統合の深化とユーロ危機・拡大
  • シリーズ激動期のEU2 EU経済の進展と企業・経営
  • シリーズ激動期のEU3 ヨーロッパという秩序


本シリーズ3巻は、EU Institute in Japan, Kansai (EUIJ関西)の過去8年間の共同研究の成果である。EUIJ関西は、EU(欧州連合)に関する教育・学術研究の促進、広報活動の推進や情報発信を通して日・EU関係の強化に貢献するため、2005年4月1日に、欧州委員会の資金援助により神戸大学・関西学院大学・大阪大学からなるコンソーシアムとして設立された。2009年4月1日には、京都大学経済研究所および関西大学を協定校として組織を拡大して第2期を開始し、2013年4月1日には、和歌山大学、香川大学、奈良大女子大学を協定校としてさらに組織を拡大して第3期を開始した。

EUIJ関西の活動期は、EUにとって激動の時代であったといえよう。まず拡大においては、2000年代に旧社会主義国であった中東欧諸国など12ヶ国が加盟し、それまでの15カ国から一挙に28カ国に加盟国数が増えた。

しかし、深化において変化はさらに著しい。2009年12月にリスボン条約が発効し、EUは新たな深化の時代に入ったものの、それに相前後して起きた欧州ソブリン危機は、ユーロ圏の分裂の可能性など深刻な問題を提起してきた。われわれは、60年の深化の経験を通して、さらに統合を強めながら、EUはユーロ危機を克服するものと信じているが、予断は許さない状況である。

本書は、EUIJ関西に関係する経済、経営、法・政治グループの研究者が、これらのEUの複雑な問題を解き明かそうとする一つの試みである。EUに関心を持つさまざまな方々に本書が有益である。