現代ドイツ政治―統一後の20年

東西統一から20年の間に、ドイツの政治はどのように変容したのでしょうか。本書では、政治力学(第1部)と政策(第2部)の両面から検討しています。

第1部では、まず、キリスト教民主・社会同盟から自由民主党まで、ドイツの主要政党が論じられます(第1~5章)。政党ばかりでなく、強力な団体が活発に活動していることや、国際関係のなかでドイツ政治が動いていることを考慮して、労使関係(第6章)とEUとドイツの関係(第7章)に関する章を設けています。第2部の第8、9章では、外交政策と福祉政策という、統一以前から主要争点となっている政策が論じられます。加えて、第10~12章では、近年、国内外で注目を集め、中心的な争点となりつつある政策群(家族政策、脱原子力政策、移民政策)が取りあげられます。そして、序章では、政治アクターをとりまく環境や政策が展開してきた背景(歴史的経緯や政治制度)について解説しています。

序章を除く各章の冒頭に「この章で学ぶこと」を載せており、わかりやすい文体で書かれているので、初学者でも無理なく読み進めることができると思います。学部生・大学院生のみなさんに読んでいただけたらと思います。

目次

序章 現代ドイツ政治とは何か(西田慎・奈良教育大学、近藤正基)
Ⅰ部 ドイツの政治力学
1章 キリスト教民主・社会同盟(近藤正基)
2章 社会民主党(妹尾哲志・専修大学)
3章 緑の党(西田慎)
4章 左翼党(小野一・工学院大学)
5章 自由民主党(安井宏樹・神戸大学)
6章 労使関係(大重光太郎・獨協大学)
7章 EUとドイツ(板橋拓己・成蹊大学)
Ⅱ部 ドイツの政策展開
8章 外交政策(葛谷彩・明治学院大学)
9章 福祉政策(近藤正基)
10章 家族政策(白川耕一・國學院大学)
11章 脱原子力政策(西田慎)
12章 移民政策(佐藤成基・法政大学)
現代ドイツ政治関係資料

(国際文化学研究科・准教授 近藤正基)