巨大構造物ヘルスモニタリング―劣化のメカニズムから監視技術とその実際まで

我が国では高度経済成長期に建造した大量 のインフラ構造物の老朽化が徐々に進み、その上度重なる災害により大きなダメージを受け、これらの更新が大きな負担となりつつある。既存のインフラを如何に維持管理していくかが今後の重要課題となっており、インフラ検査を定期的に行い、大きな事故の発生に繋がらないようにしなければならない。本書では、インフラ構造物の長期保全に必須となる最先端のモニタリング技術に焦点を当て、様々な手法、技術の原理や活用方法を総覧することができる。


(理学研究科・准教授 木村 建次郎)