神戸大学 ―"文理融合"イノベーションで世界と競う

日本の再生へむけて、大学の役割はますます重要なものになっています。大学は、教育と研究を通して、確かな未来を創造し、豊かな知識社会を構築する力を求められています。

大学力シリーズ「日本の未来は大学の進化にかかっている!」の第1弾は神戸大学です。変革へ大きく動き出した神戸大学の知の創造、国際交流と国際人育成、産官学連携、社会貢献など様々な角度から神戸大学の真の実力と未来戦略に迫ります。

神戸大学の卒業生のノーベル賞受賞者山中伸弥教授は、福田秀樹学長との会談で次のように語っています。「神戸大学は、基礎研究から応用研究までを見渡せるCEOのような人材を育てることが経営、経済学部と連携して可能です。そういう人材が育てば、現在iPS細胞の応用面で苦労している、米国より遅れているような点を克服して神戸大学で開発された優れた基礎研究をスムーズに応用研究へと進展させ、世界から注目された大学になるのではないでしょうか。」

(広報室・広報マネージャー 森脇雅史)