国際規範はどう実現されるか――複合化するグローバル・ガバナンスの動態

複雑で複合的な現代の国際規範の実相を的確に捉えるにはどうすればよいか。本書は、国際関係論の最新の理論的知見と多様な事例研究を用いて、この問いに多角的に答えようとするものである。とりわけ、コンストラクティヴィズム(構成主義)とグローバル・ガバナンス論を継承しながら、複雑化する国際秩序の実態を、規範の観点からより多面的に捉える視座を提供することを目的とする。

目次


はしがき
序章 国際規範とグローバル・ガバナンスの複合的発展過程(西谷真規子)
第Ⅰ部 規範形成・伝播の複合過程
第1章 「企業と人権」をめぐる多中心的なガバナンスの試み(山田高敬)
第2章 武器貿易条約に見る規範の競合と並存(石垣友明)
第3章 紛争予防規範と平和構築規範の複合と交錯(庄司真理子)
第4章 日本の「抑制された再軍備」の形成過程(杉田米行)
第5章 グローバル開発ガバナンスの実現(大平 剛)
第Ⅱ部 規範履行の複合過程
第6章 多中心的ガバナンスにおけるオーケストレーション(西谷真規子)
第7章 内面化という虚構(小川裕子)
第8章 規範媒介者としてのNGO(高橋良輔)
第9章 規範パワーEUの持続性(臼井陽一郎)

あとがき
人名索引
事項索引


(国際協力研究科・准教授 西谷真規子)