刷新する保守 ― 保守政党の国際比較

〈保守〉とは何かを問いなおす

保守主義の対抗理念である進歩主義の退潮と希薄化に加えてイデオロギー対立も曖昧になった現在、ライバルのいなくなった保守は「自己刷新」により勢いを取り戻す一方、その代償として「迷走」も見られ、極右ポピュリズム政党の台頭なども相まって保守主義の存在意義が揺らいでいます。

そこで本書は、欧米諸国(イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、アメリカ)だけでなく特徴的な保守政党を有するアジア諸国(韓国、台湾、日本)をも含めた8か国の既成保守政党の、近年における「復調」と「刷新」に着目。それらについて、主に(1)党の政策、(2)党組織、(3)党と社会の関係を分析し、極右ポピュリズム政党の台頭という近年の大きな流れのなかで保守が勢いを取り戻すことができた要因を探るとともに、ひいては彼らが何を「保守」しようとしているのかをもあぶり出します。

目次

  1. 序章 「保守」をみる座標軸〔阪野智一〕
  2. 第1章 [日本]規制改革の政治力学――自民党農政と対農協関係〔城下賢一〕
  3. 第2章 [韓国]刷新の失敗と保守政党の凋落――朴槿恵退陣後の漂流する自由韓国党〔安 周永〕
  4. 第3章 [台湾]ナショナリズム政党と保守――台湾政党システムの試論〔林 成蔚〕
  5. 第4章 [イギリス]ポスト・ニュー・レイバーの保守主義――放棄された現代化戦略〔阪野智一〕
  6. 第5章 [フランス]巨大保守政党の結成、右傾化戦略とその後の混迷――二一世紀の動向〔尾玉剛士〕
  7. 第6章 [ドイツ]現代化の光と影――メルケル政権期のCDU/CSU〔近藤正基〕
  8. 第7章 [オーストリア]固定支持層か浮動票か――シュッセル内閣時代のOVPと保守〝復権〟の実相〔梶原克彦〕
  9. 第8章 [アメリカ]権力を持った保守の苦悩〔西山隆行〕

関連リンク

刷新する保守 ―保守政党の国際比較 | 弘文堂

(大学院国際文化学研究科 阪野智一 編著・近藤正基 編著)