分裂と統合の日本政治 ― 統治機構改革と政党システムの変容

第17回大佛次郎論壇賞受賞(2017.12.18)

90年代に行われた、2つの政治改革の流れが「国政」と「地方政治」の間に権力の分裂を生んだ。野党が抱える困難に注目して、日本政治の陥った閉塞状況の構造的要因を見出す。(出版社HPより)

目次

  1. 第1章 政党システムの制度化を考える
  2. 第2章 地方政治と自民党の分裂
  3. 第3章 自民党に見る中央地方関係の変化
  4. 第4章 統治機構改革後の地方政治再編成
  5. 第5章 模索する都道府県議会議員
  6. 第6章 地方政治へ向かう国会議員
  7. 第7章 政党ラベルと地方議員
  8. 第8章 新たな政党政治に向けて

関連リンク

(神戸大学大学院法学研究科教授 砂原庸介 著)