子育て支援と高齢者福祉 (シリーズ「地域づくりの基礎知識」2)

神戸大学出版会 刊行第2冊目

神戸大学では、教育研究の推進と社会への成果の普及のため、平成29年4月1日に神戸大学出版会を設立しました。神戸大学出版会では、平成27年度に文科省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業COC+」に採択された「地域創生に応える実践力養成ひょうご神戸プラットフォーム事業」の成果を、“地域づくりの基礎知識”シリーズとして刊行しています。

平成30年1月に本シリーズ第1冊目となる「地域歴史遺産と現代社会」を発行いたしました。そしてこの度、シリーズ第2冊目として「子育て支援と高齢者福祉」が完成いたしました。4月から書店店頭に並びますので、ぜひ手にとってお買い求めください。

(神戸大学出版会)

書籍情報

紹介チラシ (PDFが開きます)

少子高齢化による急激な人口構造の変化に伴い、医療・介護・福祉サービスのニーズは一層高まっている。国民が安心して子どもを生み育てられる社会、豊かな老後を過ごせる社会の実現に向けた取り組みは多数実施されているが、必要な人に適切な情報は届いているだろうか。本書では、少子高齢化の要因と医療・介護・福祉の制度や課題、具体的な取り組みを示しながら、本当に必要な支援とはなにかを探る。