【留学生インタビュー】~Youは何しに神大へ~ vol.5(アイルランドからの留学生)

2017年08月28日

今回お話を伺ったのは経済学部の留学生としてアイルランドから来たCarol Kavanagh(キャロル・カバナー)さん。2016年後期から約1年間、神戸大学のキャンパスで過ごしました。
 今回は、英語と日本語で彼女のインタビューをご紹介します。神戸大学でのキャンパスライフをはじめ、彼女の出身のアイルランド・ダブリンシティ大学のこと、留学生から見た神戸大学や日本の印象など、いろいろなお話を聞かせてもらいました。

(I interviewed Carol Kavanagh, an Irish international student studying at the Faculty of Economics. From October 2016 she spent nearly one year at Kobe University. I present this article in both Japanese and English. She told me a lot of things including her campus life in Kobe, her home university [Dublin City University] and her impression of Kobe University and Japan.)


1.Why did you select Kobe University for your study?
(なぜ神戸大学に留学しようと思ったのですか?)
I selected Kobe University because it has a well-known Economics Faculty. Also my major is international business which entails studying such as economics, finance or management.
(経済学部がよく知られているからです。そして私は経済学、金融学、経営学の勉強を必要とする国際ビジネス学を専攻しているので神戸大学を選びました。)
2.What was it that made you interested in Japan?
(なぜ日本に興味を持ったのですか?)
I started off doing German when I was in high school, but I didn't really like it. So, because a third language is necessary to enter third level education, I decided to take up Japanese. It's completely different, it's against the norm so it was intriguing to me. Even though Japanese is difficult, I want to become proficient in Japanese.
(高校時代、始めにドイツ語を勉強したのですが、好きではありませんでした。大学入学に第3言語が必要だったので、私は日本語を選びました。ほかの言語と異なる部分がたくさんあって、私は興味を持ちました。日本語は難しいですが、習得したいです。)
3.In Japan, how do you spend your campus life?
(日本でどのようなキャンパスライフを送っていますか?)
In Kobe, everyday I take Japanese class or economics class and I usually spend my campus life hanging out in the international center. Before I go home, I usually go to shirucafe. Here I often meet many friends. Everyone in Kobe is very friendly and all the exchange students are in the same boat even though we all have different origins, cultures and values.
(毎日、日本語あるいは経済学の授業を受けていて、普段は国際教育総合センターにいます。授業が終わって家に帰る前には、知るカフェによく行きます。ここではたくさんの友だちと会います。神戸にいる人はみんなとてもフレンドリーで、留学生はみんな生まれや文化、価値観も違いますが、一緒に過ごしています。)
4.Could you tell me your home university?
(あなたの出身大学について教えてください。)
My university is Dublin City University, often shortened to DCU and it is based in northern Dublin. My university is not the biggest in Dublin, so it’s easy to get around, you have the chance to get to know everyone. Campus life is very exciting, there is always some shows or festivals on. If you come to my university, I think you will be surprised. It’s really lively and interesting. DCU is well known for their high level of Japanese classes that are offered. So actually every year we have a large amount of Japanese exchange student. There is a huge Japanese community in DCU, and we even have our own Japanese circle called Jsoc. Jsoc hosts events twice a week. DCU is really a good place to study Japanese because it gives you a chance to meet Japanese people who want to study English and students who are studying Japanese. So it’s easy to do language exchange.
(私はダブリンの北部にあるダブリンシティ大学(DCU)出身です。DCUはダブリンでもそれほど大きな大学ではないので、簡単にキャンパス全体をまわることができ、多くの人と知り合えます。よくショーやフェスティバルが開催されていて、キャンパスライフはとても楽しいです。とても明るく楽しい環境なので、きっと私の大学に来たら驚くでしょう。そして、DCUは高水準の日本語の授業が開講されていることで有名です。そのため、毎年たくさんの日本人留学生がいます。DCUには大規模な日本人コミュニティがあり、さらにJsocという日本サークルもあって、週に2回イベントが開催されています。DCUは、英語を勉強する日本人および日本語を勉強する学生と会う機会が多いので、日本語の勉強に最適な場所です。言語交流が簡単にできます。)
5.What is something different between Japan and Ireland?
(日本とアイルランドの違いを教えてください。)
It is completely opposite. Japan is obviously so far away from Ireland, however like Japan, Ireland has its own strong culture and tradition. So in that aspect, Ireland and Japan are similar. Just a few of the main aspects of Irish culture is Irish traditional folk music and Irish traditional sports. In Japan, they have their own sports like sumo or judo, but Ireland also have traditional sports such as Gaelic Football and Hurling. People enjoy both to play and to watch. It’s so famous that each village has its own team. Another complete difference is the language. Actually Gaelic is the national language, and English is the second national language. English is the second official language, but most people’s mother language is English so it’s the completely different.
(大きく異なります。日本はアイルランドから遠いですが、アイルランドは日本のように独自の文化と伝統を持っています。この点ではアイルランドと日本は似ています。アイルランドの文化の例として、伝統的なフォークミュージックとスポーツがあります。日本では、相撲や柔道などのスポーツがありますが、アイルランドもゲーリックフットボールやハーリング(ホッケーに似たアイルランド球技)といった伝統的なスポーツがあります。アイルランドの人はそのスポーツを実際にすることも見ることも楽しみます。それぞれの村がチームを持っているほど有名です。もう一つ大きく異なるのは言語です。実際には、アイルランドではゲーリックが公用語で、英語が第2公用語です。英語は第2公用語なのに、ほとんどの人の母国語は英語であるという点が日本とは大きく異なります。)
6.Do you have any favorite points in Kobe University and Japan?
(神戸大学や日本で気に入っていることは?)
In Kobe University, I found everyone very helpful. If I have a problem with my course, they handled it with kindness and effectiveness. Everyone is willing to talk to us. Obviously I recommend the location of Kobe University as it is very gorgeous. I think the Economics Faculty is very pretty even though there is quiet a steep hill on the way to the campus. And in Japan, everything is very peaceful. It’s so safe, you never feel like [you are in] danger.
(神戸大学では、みんなが大きな助けになってくれます。授業のコースについて困ったときに、親切に素早く対応してくれました。そして、みんな私たちと話そうとしてくれます。また、神戸大学のとても素晴らしい立地もおすすめです。特に経済学部のキャンパスはとてもきれいだと思います。キャンパスに行くまではかなり急な坂があるけれど。(笑)そして、日本ではすべてが平和です。とても安全なので、危険を感じることは全くありません。)
7.What do you plan to do in the future?
(将来の夢は?)
At this moment, I’m not sure but I am interested in doing a master degree in Japan after graduating my university. So I will come back to Japan, because I want to improve my Japanese and so on. And after that, I actually want to work in a company that handles international trade between Asia and Europe.
(今の時点ではまだはっきり決めていませんが、アイルランドの大学を卒業した後に、日本で大学院に進みたいなと考えています。私は日本語などをもっと上達させるために、日本にまた来たいです。そしてその後、アジアとヨーロッパ間の国際貿易を扱う会社で働きたいと思っています。)
8.Messages for students who are interested in studying abroad
(留学に興味がある神大生へのメッセージ)
If you dither over whether you go to study abroad or not, I recommend to do it because it has been one of the most rewarding years of my life so far. You have a chance to meet a lot of people and make long-time friends. When you live somewhere that is so far away from your home town, sometimes you have to take risks, but these experiences will be so beneficial and make you a more confident person. You also get to improve your academic and professional skill while studying abroad. Doing so, open up many doors in which you want to explore.
(もし留学しようかどうか迷っているなら、私は留学することをお勧めします。その理由は、私のこれまでの人生の中でもっとも価値のある期間の一つになっているからです。留学をすることでたくさんの人々と長年の友達に会うチャンスができます。自分の住む街から離れてどこか違う場所に住むとなると少し思い切りが必要ですが、留学という経験はとてもためになるし、あなたをより自信に満ちた人にすると思います。そして、学術的・専門的なスキルも身につけることができます。その過程で、あなたが探求したいと思う多くの道を切り開いてください。)
◯取材を担当した学生のコメント
経済学部3年 杉岡 祐依
海外からの留学生が神戸大学でどんな生活を送り、日本や神戸大学にどんな印象を持っているかについて聞くことができたのはとても興味深かったです。彼女にとって日本での留学生活が充実した、大きな経験であったことがとても伝わってきました。
(It was very interesting to hear from her how international students spend their campus lives in Kobe and what kind of impression she has of Japan and Kobe University. I strongly felt that her experience of studying abroad was very fulfilling and beneficial for her.)

(総務部広報課、学生広報チーム)