「第2回ビブリオバトルin神大」を開催 (8月7日)

2013年8月8日

第2回ビブリオバトルが神戸大学附属図書館で開催されました。

ビブリオバトルとは、ひとり5分でお薦めの本の魅力を語り、最後にどの本を一番読みたくなったか投票してチャンプ本を決める、書評会のことです。図書館や学校、書店などで人気を集めています。

神戸大学では6月に初めて開催。2度目となる今回は「夏」をテーマに、バトラーと呼ばれる4人の出場者が本の魅力を語りました。「チャンプ本」には、理学部の益井博史さんが発表した『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』が選ばれました。

出場者と紹介された本 (発表順)

  1. 野原 要子さん (経済経営研究所図書館)
    『夏のくじら』大崎梢著
  2. 吉弘 憲さん (海事科学部)
    『その時までサヨナラ』山田悠介著
  3. 益井 博史さん (理学部)
    『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』川上和人著
  4. 宮田 悠平さん (文学部)
    『殺人鬼―覚醒篇』綾辻行人著
関連リンク
第1回ビブリオバトル、爆笑の場面も (6月13日)

(広報室)