神戸大学の農場【秋】(食資源教育研究センター)

2014年11月10日

兵庫県加西市に位置する神戸大学大学院農学研究科附属 食資源教育研究センターで、8月下旬から10月上旬にかけて撮影した「晩夏」から「秋」の農場をご紹介します。

実習しているのは、農学部3年生。応用動物学コースの「牧場実習」からは、牛の除角や鼻環の装着、刈り払い機で野草を刈り、牛への餌やりなどの実習をご紹介します。応用植物学コース・食料環境経済学コースの「農場実習II」からは、イネの調製作業やカキの収穫、牛の体測定実習などをご覧いただきます。

「農場から食卓まで」を学ぶ学生たちの姿、農学部の取り組みをぜひご覧ください。

(広報室)

関連リンク