特別講演会「ニュートリノ研究の最前線」~2015年ノーベル物理学賞を巡って~

2015年11月19日


特別講演会「ニュートリノ研究の最前線」~2015年ノーベル物理学賞を巡って~
理学研究科 竹内康雄教授
2015年10月30日開催

10月30日(金)、神戸大学理学研究科の竹内康雄教授(粒子物理学)による特別講演会「ニュートリノ研究の最前線」を開催しました。

2015年のノーベル物理学賞は、ニュートリノ振動現象発見の業績に授与されます。東京大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設でニュートリノ研究に従事してきた竹内先生が、東京大学の梶田教授(スーパーカミオカンデ共同研究グループ)と、カナダ・クィーンズ大学のマクドナルド名誉教授(SNO共同研究グループ)の業績の意義を分かりやすく解説し、今後の課題や神戸大学で取り組んでいる素粒子研究などを紹介。その内容を動画で公開します。

 

関連リンク

(総務部広報課)