個人での留学や旅行等で海外渡航する学生さんへ

保険について

海外渡航・滞在中の事故や病気に備え、必ず保険の準備をしてください。海外で重大な病気や事故が発生してしまった場合には、下記の例のように、莫大な額の治療費等を請求される場合があります。クレジットカードに付帯している簡易な保険では不十分ですので、損害保険会社の海外旅行保険を掛けるようにしてください。また、現地での保険加入を留学先の大学が義務としている場合もあります。その場合、各自で内容をよく確認してください。(カバーする範囲が異なりますので、できるだけ両方の保険に加入することをお勧めします。)

また、海外渡航届の提出後、保険加入や連絡先の変更など新たな情報がある場合は、所属学部・研究科の担当係に届け出てください。

※高額な海外での治療費や移送費

たとえば、アメリカでは病状によっては、入院費が1日で百万円以上かかるケースもあります。また、日本から親族の方が現地に出向き、あるいは本人を日本まで移送する場合も、2千万円以上かかることがあります。これらの費用 (「治療・救援者費用」といいます。) に関して、クレジットカードの保険では、百万円程度しか掛かっていないことが多いので、できるだけ保障が無制限の保険に加入してください。

また、歯科疾病の治療費用は、保険の対象外となることが多いので、よく留意してください。