project

統合バイオリファイナリー研究プロジェクト

研究代表者:近藤昭彦(工学研究科)

 持続可能な低炭素社会の実現には、再生可能なバイオマス資源から燃料、化成品、プラスチック、バイオファインケミカル等の多様な製品群を低環境負荷型の先端技術を駆使して作り出すバイオプロセスの確立が不可欠である。本研究拠点は、農学と工学の融合研究領域において、バイオマス資源の開発・機能評価、前処理、細胞工場、物質生産プロセス、そして分離プロセスまでの要素技術を統合し、産・学連携による一貫したバイオプロダクションシステムの創出を目指す。

統合バイオリファイナリー研究プロジェクト

詳細はこちら(PDF形式)