project

先端膜工学研究プロジェクト

研究代表者:松山秀人(工学研究科)

 本研究開発では、今後需要が増大することが予想される次世代型の石炭火力発電の燃焼前燃料ガスや、CO2排出量が少ない一次エネルギーである天然ガスの精製プロセスなどの高圧ガスプロセスに対して、適用可能なCO2選択分離膜の開発を行う。膜分離法は、吸収法などに比べて体積効率が高いコンパクトなプロセスを実現できる技術として注目されている。膜分離法を高圧雰囲気でのCO2分離に適用できれば、従来のCO2分離設備の諸問題は全て解決できることが期待される。本研究では、高圧条件下でCO2との高い反応性を有するキャリアおよび、高い反応性を担保する高分子ゲルの開発、それらを組み合わせた世界初の次世代型CO2選択分離膜の創製について検討を行う。

先端膜工学研究プロジェクト

詳細はこちら(PDF形式)