project

構造ベース創薬研究プロジェクト

研究代表者:鶴田宏樹(連携創造本部)

 本プロジェクトでは、「放射光と計算科学に基づく構造科学的手法による医薬品設計」を主要課題とした学内教員と地域企業、地域研究機関での産学融創型研究開発を展開しています。神戸大学や創薬ベンチャーで生み出された創薬の芽を、アカデミアと産業界の「知」を基盤とした構造科学的手法により製薬企業へライセンシングできるヒット&リード化合物へ転換することを目的としています。現在、いくつかの創薬ターゲットについて、大型放射光施設SPring-8、京コンピュータ・FOCUSスパコンといった地域の先端科学インフラを活用することにより、タンパク質の超高精度・動的構造に基づくインシリコ創薬を展開しています。また、人材育成の観点から、構造ベース創薬(SBDD)関連技術【ターゲット評価・構造生物学・計算科学・創薬化学など】をカバーしたSBDDスペシャリスト育成にも注力しています。これらの研究・人材育成活動を通じて大学の「知」と地域の先端科学インフラを活用した創薬研究イノベーションを加速させていきたいと考えています。

構造ベース創薬研究プロジェクト