project

地域協働型レジリエント減災システム研究プロジェクト

研究代表者:北後 明彦(自然科学系先端融合研究環都市安全研究センター)

防災・減災力の向上と高度化は、人々の生活とコミュニティーの質的変化をもたらし、地域創生に欠かせない要素である。神戸市、兵庫県の地域の自治体との協働と、神戸に拠点を置く先端研究組織との連携を基盤とした神戸大学の地域協働型の防災・減災連携拠点を活用し「人々の命、コミュニティーを守る」ために、社会科学分野・理系分野双方に強みを有する伝統と特色を活かして「学理と実際の調和」をレジリエント減災システムの構築で発揮する。