project

3次元可視化システムを活用した文理融合研究プロジェクト

研究代表者:的場 修(システム情報学研究科)

統合研究拠点において、シミュレーションデータの解析用に設置・開発された3次元可視化システム(π-CAVE)は、シミュレーション以外の広範な研究分野で仮想現実を実現する有効で強力な研究ツールである。本プロジェクトでは、高度で汎用的な仮想現実マシーンの開発と、π-CAVEによる仮想現実を活用した研究を推進し、個別に開発されたソフトウェアを統合することにより、仮想現実を用いた心理学、行動学や教育学など幅広い文理融合研究を目指す。