寄附金 制度の詳細

概要

  1. 趣旨
    国立大学法人において、学術研究に要する経費等、教育研究の奨励を目的とする経費に充てるべきものとして、民間企業等から受け入れるものです。
  2. 対象となる相手方機関
    民間企業、法人、個人を問わず対象となります。ただし、地方公共団体からの寄附金を受入れる場合は別途、協定を締結する必要があり、受入れ後に神戸大学のホームページにて、その内容を公表します。

税の取扱いについて

国立大学法人神戸大学への寄附金は次のような税制上の優遇措置が受けられます。

  • 寄附者が「法人」の場合
    寄附金の全額が損金に算入され、税金はかかりません。
  • 寄附者が「個人」の場合

    (所得税)

    ( 寄附金額(寄附金の合計額が総所得金額等の40%を超える場合、総所得金額等の40%)から2,000円を除いた額について所得から控除されます。

    【 寄附金額 (総所得の40%を限度) -2,000円 】

    (個人市民税)

    本学は神戸市より個人の市民税の控除の対象となる寄附金に係る指定を受けておりますので、神戸市にお住まいの方で、平成23年1月1日以後に、本学にご寄附された方は、従前の所得税の寄附金控除に加えて、個人住民税の寄附金控除の対象となります。

    寄附金額(寄附金の合計額が総所得金額等の30%を超える場合、総所得金額等の30%)から2,000円を除いた額に6%を乗じた税額が控除されます。

    【 (寄附金額 (総所得の30%を限度) -2,000円)×6% 】

    ※ 確定申告期間に、国立大学法人神戸大学が発行した「寄附金領収書」を添えて所轄の税務署に申告してください。

手続きの流れ

寄附金として寄附したい分野・専門又は教員は?
教員の研究テーマ・シーズ
研究者紹介
寄附金の申請(申し出)
寄附金 各種様式
申込書提出先
→受入れ報告 (教授会で報告します。)
寄附金の寄附振込依頼書により金融機関へ納付していただきます。
ご寄附いただいた寄附金は、ご寄附の目的に添って執行します。