レボルーション!女性教員養成神戸スタイル

種目:
科学技術振興調整費 女性研究者養成システム改革加速
研究担当者所属・職・氏名:
神戸大学  学長 福田 秀樹
概要:

「女性研究者養成システム改革加速」事業は、多様な人材の養成・確保及び男女共同参画の推進の観点から、特に女性研究者の採用割合等が低い分野である、理学・工学・農学系の研究を行う優れた女性研究者の養成を加速させるものです。本学の取組みは、女性枠による公募で「新規養成女性教員」を採用し、養成のための側面支援や経費等の支給とともに、理学・工学・農学系の全ての女性研究者養成に対する支援を行います。取組み内容は、以下の通りです。「新規養成女性教員」の採用計画と養成──5年間に21名以上(准教授、講師、助教)、理学、工学、システム情報学、農学、海事科学、人間発達環境学研究科に採用します。新規養成女性教員を採用した研究科にはインセンティブとして、同女性教員1名に対して1名の任期付き助教を学内経費により5年間措置します。また、スタートアップ経費、スキルアップ経費の支給、研究メンターとライフメンターの配置、出産・育児中の者には補助者の配置などの養成支援を行います。女性研究者養成のための取組み──理学・工学・農学系の全ての女性教員を対象に、研究スキルアップ経費を補助し養成を図ります。また、全学の子育て中の女性研究者を対象として、学内経費による既設の研究支援員制度を拡充します。キャリアカフェの開催──全ての女性研究者を対象に研究・昇進意欲を向上させるため、 「神戸キャリアアップカフェ」を開催します。また、女子学生の博士課程後期課程への進学意欲を向上させるため、「学生向きキャリアカフェ」を開催します。

期間 (年度):
22-26
関連サイト:
http://www.office.kobe-u.ac.jp/opge-kyodo-sankaku/kasoku/