ワクチン基礎生産技術の向上に関する研究

研究担当者所属・職・氏名
医学研究科・教授・森 康子
概要

現行のワクチン接種は数種類のワクチンの複数回接種となっている。生ワクチンの場合、ウイルスの大量生産が必要であり、製造は高コストで時間を要する。そのため、1種類のワクチン接種で複数の感染症に対処できる多価生ワクチンの開発が必要である。

現行の水痘生ワクチンは、WHOにおいて認可された世界で唯一の水痘ワクチン (vOka株) であり、世界中で使用されており、安全性と有効性が認められている。我々は、vOkaのゲノムを大腸菌内で保持できるプラスミドに組み込むことによりゲノムからの感染性ウイルスの再構築に世界に先駆けて成功し、外来遺伝子を水痘ゲノムに挿入できる系を確立した。その中で、我々はこの水痘ウイルスゲノムにムンプスウイルスのHNあるいはF遺伝子を組み込んだウイルスを作製し、そのワクチン効果を発表した。

本研究では、現行のvOkaゲノムにRSウイルス (respirarory syncytial virus; RSV) の遺伝子を挿入した組換えvOkaを作製し、RSVおよび水痘ウイルス (VZV) の感染症に対処できる多価生ワクチンの開発を目指す。

期間 (年度)
平成24~26年度