(図1)に示したように、先天性感染はサイトメガロウイルスに対する抗体を持たない妊婦が妊娠中に初めてサイトメガロウイルスに感染(初感染)した場合に発生するのが一般的です。そのため、妊娠中に初感染したことを診断する検査である抗サイトメガロウイルス免疫グロブリンM(IgM)抗体検査が先天性感染のハイリスク妊婦を選び出す目的で広く用いられており、抗サイトメガロウイルスIgM抗体が陽性であることを妊娠中に初めて指摘された妊婦にしばしば遭遇します。しかし、抗サイトメガロウイルスIgM抗体は初感染から数年たっても陽性が持続する場合があるために、妊婦やその家族に過度の不安を与える恐れがあります。妊娠中に胎児感染を診断する方法としては、羊水検査により、羊水中にウイルスのDNAが存在することを証明するのが最も確実性が高い方法です。しかし、羊水穿刺で羊水を採取する必要があるため、破水、子宮内感染、流産などを起こす危険性があり、侵襲的です。そこで、私たちの研究グループは非侵襲的に先天性サイトメガロウイルス感染を出生前予測する検査法について研究を行いました。

 当研究グループは、抗サイトメガロウイルスIgM抗体が陽性で妊娠中の初感染が疑われる(先天性感染のハイリスク)妊婦300名を対象として、問診や妊婦の血液検査、胎児の超音波検査、妊婦の血液・尿・子宮頸管粘液中のサイトメガロウイルスDNA PCR検査を全例に実施しました。問診では、妊娠中に風邪のような症状があったか、血液検査では、炎症を表す白血球数と C反応性蛋白質(CRP)の他、肝機能異常の有無、抗サイトメガロウイルス免疫グロブリンG(IgG), IgM抗体検査、ウイルス抗原検査、IgGアビディティー検査(最近の初感染であることを調べるための検査)、胎児の超音波では、先天性サイトメガロウイルス感染症に特徴的な異常所見である胎児の頭や推定体重が軽い、胎児の脳の中に石灰化があるなどの所見があるかに加え、妊婦の血液・尿・子宮頸管粘液中にサイトメガロウイルスDNAが存在するかの検査所見を検討項目にしました。
 これらすべての検討項目について統計解析を行い、出生前に先天性感染を予測するのに最も良い検査法を決定しました。その結果、胎児の超音波で先天性サイトメガロウイルス感染症を疑わせる異常所見があることと、母親の子宮頸管粘液からサイトメガロウイルスDNAが検出されるという2項目が先天性感染の出生前予測に最も有用であることが分かりました。母親の子宮頸管粘液中のウイルスDNA検査を先天性感染の出生前予測に用い、しかも、有用であったとする報告は世界初です。

 胎児超音波検査も子宮頸管粘液PCR検査も侵襲の無い検査であり、妊娠中に初感染を起こした疑いのあるハイリスク妊婦に対して、より安全・安価な方法で先天性感染を予測することができるようになります。さらには、効率的に患児を発見することで、早急に抗ウイルス治療を開始することが可能になり、先天性サイトメガロウイルス感染症児の神経学的予後が改善されることが期待されます。


図1. サイトメガロウイルスの母子感染と出生児障害リスク
 妊婦の3割がサイトメガロウイルス(CMV)に対する抗体を持たない。抗体を持たない妊婦のうち1%が妊娠中に初めてCMVに感染(初感染)する。妊娠中に初感染を起こした妊婦の4割で胎児にウイルス感染が起こる。胎児感染を起こしても全ての児が後遺症を持つわけではない。胎児感染を起こした児の2割が明らかな症状をもって出生し、その9割に後遺症が残る。胎児感染を起こしても8割は明らかな症状を持たないが、その1割で後遺症が残る。妊婦がCMVに対する抗体を持っていても、非常に低い確率ではあるが、ウイルスの再活性化などにより児に障害を残すことがある。



図2.先天性サイトメガロウイルス感染児22人における胎児超音波所見と子宮頸管粘液PCR検査陽性所見のうちわけ
 赤丸は明らかな症状を有する先天性感染児(症候性感染)、黄丸は明らかな症状を持たない先天性感染児(無症候性感染)を表している。先天性感染の有った22例のうち、胎児超音波異常を認めた11例は全て症候性であった。子宮頸管PCR陽性であった症例は11例で、頸管PCR陽性のみで超音波異常を認めない6例は全て無症候性感染であった。これら2つの検査では5例の先天性感染が診断出来ておらず、注意が必要である。

論文情報

・論文
”Prediction of congenital cytomegalovirus infection in high-risk pregnant women”

・著者
Kenji Tanimura, Shinya Tairaku, Yasuhiko Ebina, Ichiro Morioka, Satoshi Nagamata, Kana Deguchi, Mayumi Morizane, Masashi Deguchi, Toshio Minematsu, and Hideto Yamada

・掲載誌
Clinical Infectious Diseases

関連リンク

(医学研究科、医学部附属病院、広報課)