今後の展開

 血中の2-AB濃度は体内のグルタチオンの動態を鋭敏に反映しており、酸化ストレスを早期に検出できる新たなバイオマーカーとなることが期待されます。
 またバイオマーカーとしてのみならず2-AB自身が経口摂取にて生体内のグルタチオンを効率よく増加させる抗酸化剤であることを明らかにしました(特許出願中)。2-ABは天然に存在するアミノ酸であり、日頃より摂取している食品中にも存在しています。今後はどのような食品に多く含まれているのか、どれくらいの量を摂取すればよいのか、さらには心臓以外の臓器でも抗酸化剤として有用か検証し、実際の臨床現場での応用にむけ機能性食品や治療薬の開発につなげていく予定です。


論文情報

・論文
”2-Aminobutyric acid modulates glutathione homeostasis in the myocardium”

・著者
Yasuhiro Irino1,2, Ryuji Toh1, Manabu Nagao3, Takeshige Mori3, Tomoyuki Honjo3, Masakazu Shinohara2,4, Shigeyasu Tsuda3, Hideto Nakajima3, Seimi Satomi-Kobayashi3, Toshiro Shinke3, Hidekazu Tanaka3, Tatsuro Ishida3, Okiko Miyata5, and Ken-ichi Hirata1, 3

1 Division of Evidence-Based Laboratory Medicine, Kobe University Graduate School of Medicine
2 The Integrated Center for Mass Spectrometry, Kobe University School of Medicine
3 Division of Cardiovascular Medicine, Kobe University School of Medicine
4 Division of Epidemiology, Kobe University School of Medicine
5 Medicinal Chemistry Laboratory, Kobe Pharmaceutical University

・掲載誌
Scientific Reports

関連リンク

(医学研究科、広報課)