内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ研究開発課題「災害対応建設ロボットの開発」(研究開発課題責任者:大阪大学大学院工学研究科大須賀 公一(おおすか こういち)教授、プログラム・マネージャー:東北大学大学院情報科学研究科 田所 諭(たどころ さとし)教授)において、大阪大学大学院工学研究科吉灘 裕(よしなだ ひろし)特任教授(常勤)、東京工業大学工学院 鈴森 康一(すずもり こういち)教授らは、2重旋回機構を用いた複腕の災害対応重作業ロボット(建設ロボット)を開発しました。
 本ロボットは2本の腕を持っています。複数の腕を持つ重機械は、これまでにもいくつかの開発事例がありますが、本ロボットで採用した2重旋回・複腕機構は、従来の複腕重機の課題を解決し、また複腕の活用範囲を大幅に拡張することができます。
 現在、プロトタイプを用いてフィールドでの実験を開始しており、また本研究開発で開発を進めている主な要素技術をロボットに搭載して、開発コンセプトに描いた建設ロボットの実現を目指しています。

 この新たな災害対応の建設ロボットには、以下の機構・機能が備わっています。

  • (1)重作業を器用に行え、急傾斜地・段差の移動に性能を発揮できる、2重旋回・複腕機構(大阪大学・吉灘)
  • (2)建設ロボット用多指ハンド(東京工業大学・鈴森)
  • (3)遠隔操作高度化のための要素技術(神戸大学・横小路、東北大学・昆陽、東北大学・永谷、東京大学・山下)

詳細はこちらをご覧ください。

・新機構を備えた複腕建設ロボット|大阪大学

(工学研究科)