神戸大学ポーランドウィーク

2019年10月14日

国際人間科学部と国際文化学研究科は、10月14日(月・祝)から18日(金)まで「神戸大学ポーランドウィーク」を開催します。日本・ポーランドの両国政府で行われる「日・ポーランド国交樹立100周年事業」の一つとして、公開講演会をはじめとするさまざまなイベントを、神戸大学および神戸市内で行います。2015年に「ポーランド拠点」(クラクフ市)を開設した神戸大学が、12日に兵庫県立美術館で始まる「ショパン展」や19日にハーバーランドで開かれる「ポーランドフェスタ」とともに、10月の神戸をポーランド文化で彩ります。

 

【開催概要】

ポスター

主催:神戸大学大学院国際文化学研究科・国際人間科学部

期間:2019年10月14日(月・祝)~18日(金)

場所:神戸大学鶴甲第一&第二キャンパスおよび神戸市内

公開講演会等イベント一覧 【参加費:ナシ 事前申込:不要】

10月14日(月)2限(10:50-12:20)
  • 神戸大学鶴甲第一キャンパスF301
  • 「国際報道の現場で考えたこと」
  • 郷富佐子(朝日新聞論説委員)
10月15日(火)4限(15:10-16:40)
  • 神戸大学鶴甲第一キャンパスB110
  • 「ポーランドと日本」(兵庫県国際交流協会・兵庫EU協会共催事業)
  • ラドスワフ・ティシュキェヴィチ(駐日ポーランド臨時代理大使)
10月16日(水)2限(10:50-12:20)
  • 神戸大学鶴甲第一キャンパスF102
  • 「観光からみる日ポ関係」
  • 石川みゆき(ポーランド政府観光局局長補佐)
10月16日(水)3限(13:20-14:50)
  • 神戸大学鶴甲第二キャンパスC101
  • 「ショパンの詩学」
  • 松尾梨沙(日本学術振興会)
10月17日(木)昼休み(12:20-13:00)
  • 神戸大学鶴甲第一キャンパスF102
  • 「ポーランド留学セミナー」
  • 日ポ両国の交換留学生および経験者
10月18日(金)夕方(18:00-20:00)
  • 古本屋ワールドエンズ・ガーデン(神戸市灘区・王子公園)
  • 「ポーランドの文学と言語」
  • 加藤有子+ヤコブ・マルシャレンコ(名古屋外国語大学)

 

「ポーランドウィーク」のシンボルとなるイラストは神戸在住の美術家・飯川雄大さん(http://www.takehiroiikawa.com/)が制作し、ポスター・チラシのデザインは国際人間科学部グローバル文化学科3年生の高木晴香さんが担当しました。

 

(国際文化学研究科)