日欧研究者交流に関するオンライン報告会

2020年05月19日

本学が運営に協力するEURAXESS JAPANの主催により、日欧研究者交流の成功事例に関するオンライン報告会が開催されます。本学の大学院科学技術イノベーション研究科の吉田健一教授と大学院工学研究科の小島磨准教授を始めとする日欧共同研究を先導する研究者がオンライン上に会し、研究者等の国際交流促進における3つの成功事例について、研究プロジェクトの概要、日欧研究者チームの構成や科学技術上のポイントのみならず、博士課程学生の人材開発や国際アドバイザリーボードの役割等が紹介されます。

このオンライン報告会においては、EU(欧州連合)による助成金事業の「研究・イノベーション人材交流(RISE: Research and Innovation Staff Exchange)」と「イノベーション研修ネットワーク(ITN: Innovative Training Network)」について説明がなされる予定であり、欧州委員会から関係者の参加も予定されています。また、報告の後には質疑応答の時間も設けられ、様々な立場から国際共同研究に携わる皆さんが日欧研究者交流について役立つヒントなどを得ることも可能となります。現在、日欧間の共同研究プロジェクトに参画している、もしくは申請を考えている研究者や研究支援者の方々など、学内外からご関心をお持ちの皆さんの参加をお待ちしております。

開催概要

日時
5月19日(火)16時~17時半(1つの事例について、質疑応答を含めて30分程度を予定)
会場
オンライン(Gotomeeting)

※プログラムの詳細及び申込については、以下のリンク先をご覧ください。
 WEBINAR: EU-Japan RISE and ITN Mobility Projects, 19th May 2020

(国際企画課国際学術交流グループ)