神戸大学×白鶴酒造・純米酒「神のまにまに」の2019年度販売を開始します

2019年09月18日

神戸大学と白鶴酒造が共同開発した純米酒「神のまにまに」を、今年も9月27日(金)から数量限定で販売します。

「神のまにまに」は、神戸の伝統産業である日本酒に興味を持ってもらいたいとの思いを込めて、神戸大学と白鶴酒造が2017年に発売した商品です。学生や教職員、神戸大OBOGの皆様にも大変ご好評をいただいており、今年で3年目を迎えることができました。

「神のまにまに」を通じて、皆様に神戸の様々な魅力を知っていただけることを期待しています。

「神のまにまに」の特徴

麹米に白鶴酒造が10年以上の歳月をかけて独自開発した酒米品種「白鶴錦」を、掛米に神戸大学農学研究科附属食資源教育研究センターが厳しい安全管理の元で栽培した品種「にこまる」を使用しています。

農学部の学生が、商品名や酒質の決定、ラベルのデザインなどに主体的に関わり、女性や若い人でも手に取りやすいようにと作り上げました。

淡麗でありながら、純米酒らしい奥行きのあるしっかりとした味わいです。常温の冷や酒(ひやざけ)や、よく冷やした冷酒もいいですが、これからは熱燗の季節になってきます。「神のまにまに」はとびきり燗(55℃程度)でご賞味いただくのがおすすめです。

刺身、唐揚げ、酢の物、チーズ、中華料理など、様々な料理を試してみましたが、どんなものにも合います。意外にも、ビターチョコレートやチーズケーキなどの甘いものにもよく合います。


学生による広報活動・地域交流イベント

神戸大学の学生が、「神のまにまに」の広報担当として活動しています。

10月5日(土)に白鶴酒造資料館で開催されるイベント「酒蔵開放」では、神戸大生による試飲販売を実施します。

この他にも、Facebookページ神戸大学×白鶴『神のまにまに』にて、随時イベント情報や販売情報、「神のまにまに」の様々な楽しみ方などを発信していきますので、是非ご覧いただければ幸いです。


販売情報

・純米酒 神のまにまに 720ml 1,300円(税別)

神戸大学生協
国際文化学部店 (TEL: 078-882-3133)
六甲台第1キャンパス社会科学系アカデミア館2階BEL BOXショップ (TEL: 078-882-3831)
販売の状況は神戸大生協HP 神戸大グッズのページをご参照ください。
白鶴酒造資料館
神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5 (TEL: 078-822-8907)
10月5日 (土)白鶴 2019年秋「酒蔵開放」開催
白鶴 御影MUSE
神戸市東灘区御影中町3丁目2-1御影クラッセ1階 (TEL: 078-891-8901)
白鶴酒造ネットショップ
いい白鶴ネットショップ

※各店舗にて9/27(金)より販売開始予定。白鶴酒造ネットショップでは9/25(水)より事前発注の受け付けを開始し、最短で9/26(木)のお届けが可能となる予定です。


関連リンク

(農学研究科附属食資源教育研究センター、総務部広報課)