経済学部4年生の萬谷光一さんがバベシュ・ボヨイ大学のビジネス学部および日本文化センターから感謝状を贈呈されました

2019年11月27日

2019年11月は、在ルーマニア日本大使館により「日本文化月間」と定められています。これを受け、神戸大学の提携校であるバベシュ・ボヨイ大学(BBU)において、同大学の日本文化センター主導で、「BBU日本文化週間」と題したイベントが開催されました。

バベシュ・ボヨイ大学は、1998年に大学間学術交流協定が締結されて以来活発に学術交流・学生交換を行ってきた協定校であり、 2018年5月には、同大学日本文化センター内と本学国際連携推進機構内に、それぞれの大学海外拠点として、神戸大学/バベシュ・ボヨイ大学国際協力センターが設置されています。

本学経済学部4年の萬谷光一さんは、BBUのビジネス学部に留学中であり、スタッフとして、このイベント中に行われた様々な催しの企画・運営に携わりました。

11月18日に開催された教育講座では、萬谷さんが「日本の自動車」をテーマに約1時間の講演を行い、現在学習中のルーマニア語による自己紹介の後、英語で軽自動車についての専門的な内容を解説しました。ルーマニアではあまりなじみのない日本の軽自動車の世界を、クイズ等を交えながら分かりやすく紹介し、講演は大きな拍手によって締めくくられました。

また、萬谷さんは、日本語やアニメ、マンガ、武術に関する講座の運営や、茶道のデモンストレーション、日本大使館と国際交流基金との共同企画「クルージュ日本映画祭」の上映技術担当などにも携わっており、その貢献に対し、BBUビジネス学部ヨアン・アリン・ニストル学部長並びにBBU日本文化センター角悠介所長からの感謝状が、日本大使館職員の関谷美緒氏より贈呈されました。


関連リンク

(総務部広報課)