NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』が放送開始――被災者の心に寄り添い続けた元神戸大学医学部附属病院医師・安克昌氏

2020年01月09日

2020年1月18日(土)の午後9時より、NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』(全4回)の放送が開始されます。

このドラマの主人公は、阪神・淡路大震災発生時に、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した、元神戸大学医学部附属病院の精神科医・安克昌(あん・かつまさ)氏。ドラマでは「安和隆」という名前で描かれ、柄本佑さんが演じています。

「傷つきにやさしい社会」の実現を願い、奮闘し続けた精神科医の生きた証と、人々との「心の絆」を描くヒューマンドラマです。ぜひ、ご覧ください。


番組詳細

番組名
NHK 土曜ドラマ
『心の傷を癒すということ』

放送予定(全4回)
1月18日、1月25日、2月1日、2月8日
いずれも土曜日・午後9時~9時45分

関連リンク

本学で行われたロケの様子を、学生の課外活動団体・神戸大学メディア研(ラボ)が記事にしています。メディア研はこのほかにも、被災者遺族の方へのインタビュー等、様々な震災関連記事を公開しており、震災の写真パネル展なども企画しています。

また、本学では今年も、1月17日に震災慰霊献花式を執り行います。

(総務部広報課)