在大阪オーストラリア総領事館から訪問がありました

2020年01月31日

1月23日、デイビッド・ローソン在大阪オーストラリア総領事が武田廣学長を表敬訪問しました。懇談には、冨永さおり同総領事館教育担当商務官、本学からは増本浩子副学長(国際連携・国際教育担当)、河合成雄国際教育総合センター留学生教育部門長、齊藤美穂同副部門長が同席しました。

ローソン総領事は表敬訪問に先立ち、国際教育総合センターにおいて開催中の神戸日本語プログラムで講演を行い、日本経済やキャリア形成等について参加学生と活発な意見交換を行いました。

懇談では、河合部門長から神戸日本語プログラムについて説明があり、ローソン総領事からは参加学生が熱心な姿勢で講演に耳を傾けていた様子が語られました。武田学長は本学が西オーストラリア州へ海外拠点の設置を検討していることを紹介し、同総領事は拠点を足掛かりとして本学とオーストラリアの大学との学術交流が一層活発になることへの期待を述べました。懇談は異常気象や大学入試制度改革等の時事問題を交えつつ穏やかな雰囲気で進み、両者は今後も両国間の学術交流の発展のため協力していくことを確認しました。

神戸大学はオーストラリアの学術機関と学生交流や研究者交流を始めとする多用な学術連携を行っていますが、今後は在大阪オーストラリア総領事館等の同国関係機関との協力関係を強化することにより、一層の交流深化に努めていきます。

(国際部国際企画課)