新型コロナウイルスに対する本学の対応について(第5報)

2020年02月17日

神戸大学の学生・教職員の皆様へ

神戸大学長  武田廣

危機管理担当理事 杉村和朗

 

新型コロナウイルスに対する本学の対応について(第5報)

 

新型コロナウイルス感染症は指定感染症となっています。感染拡大防止のため、学生・教職員の皆様は以下のとおりご対応をお願いします。

既に、国内でも多くの感染者が報告されています。プライバシーには最大限配慮し、対象国からの帰国者や感染者が不当な扱いを受けないようにし、自身のため、周りの人のため引き続き体調管理・情報収集に努めてください。下記は現時点での対応であり、今後の状況変化により変更の可能性があります。

1.引き続き、新型コロナウイルスの拡大防止に向けた本学の対応について(第3報)に基づいた体調管理・健康観察を行って下さい。

2.流行国・流行地域から帰国した学生は、上記1に加えて14日間は、やむを得ない場合以外は自宅に滞在(自宅学習等)するよう努めてください。また、教務学生担当係・指導教員に帰国後の自宅滞在をする旨、必ず連絡してください。

3.教職員についても流行国・流行地域から帰国した場合は、上記1に加えて14日間は、やむを得ない場合以外は自宅に滞在するよう努めてください。また、所属部局の総務担当係に帰国後の自宅滞在をする旨、必ず連絡してください。

4.新型コロナウイルス感染症と診断された場合、学生については登校停止、職員については就業禁止となります。学生は教務学生担当係、職員は総務担当係へ必ず連絡してください。療養後、「治癒し、他への感染のおそれがない」旨の診断書を主治医に書いていただき、保健管理センターに持参してください。確認の上、登校・出勤が可能となります。

5.中国(香港、マカオ含む)への渡航について

【学生】・・・渡航不可

本学の海外危険情報対応基準(神戸大学国際交流危機管理マニュアル参照)に基づき、私事渡航を含め「原則中止」となりますが、今回の新型コロナウイルスは感染症であり、しかるべき安全管理ができると判断できない現状を鑑み「渡航不可」とします。

【教職員】・・・渡航不可

本学の海外危険情報対応基準(神戸大学国際交流危機管理マニュアル参照)に基づき、湖北省及び浙江省は私事渡航を含め「原則中止」となります。それ以外の地域についても、2月12日付けで外務省から事実上の渡航延期要請が出たことから、現状を鑑み「渡航不可」とします。

※ なお、中国に限らず海外渡航の際には、教職員は所属部局へ海外渡航届出等の届出を必ず行ってください。学生は、一時帰国届も含めGEMs(神戸大学グローバル教育管理システム)への入力を徹底してください。