在学中の留学生の皆さんへ

2020年04月02日

日本政府の対応

以下はコロナウイルス対応にかかる新規渡日予定の外国人に対する日本政府の対応です。

1.     日本政府による入国制限

(4月2日更新)
4月3日以降、以下のいずれかに該当する外国人について、特段の事情がない限り、上陸を拒否することとしています。
〇上陸の申請日前14日以内に以下の地域における滞在歴がある外国人
(アジア)インドネシア,韓国全土,シンガポール,タイ,台湾,中国全土,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア
(オセアニア)オーストラリア,ニュージーランド
(北米)カナダ,米国
(中南米)エクアドル,ドミニカ国,チリ,パナマ,ブラジル,ボリビア
(欧州)アイスランド,アイルランド,アンドラ,イタリア,エストニア,オーストリア,オランダ,サンマリノ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロベニア,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,バチカン,フランス,ベルギー,ポルトガル,マルタ,モナコ,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク,アルバニア,アルメニア,英国,北マケドニア,キプロス,ギリシャ,クロアチア,コソボ,スロバキア,セルビア,チェコ,ハンガリー,フィンランド,ブルガリア,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,モルドバ,モンテネグロ,ラトビア,リトアニア,ルーマニア
(中東)イラン,イスラエル,エジプト,トルコ,バーレーン
(アフリカ)コートジボワール,コンゴ民主共和国,モーリシャス,モロッコ
〇中国湖北省または浙江省において発行されたパスポートを所持する外国人
〇香港発船舶ウエステルダムに乗船していた外国人

法務省:新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否について(4月1日発表)

 

2.     日本政府によるビザ停止措置

(4月2日更新)
外務省感染症危険情報レベル2が発出されている全ての国・地域が、査証制限等の対象となります。当該措置は、4月3日午前0時から4月末日までの間、実施されます。

外務省:査証の制限等について(4月1日発表)

(参考)
外務省:査証の制限等について(3月6日発表)
外務省:査証の制限等について(3月18日発表)
外務省:査証の制限等について(3月27日発表)

これは新規渡日者に対する措置で、既に本邦に上陸し在留資格が認められている者のうち、再入国許可(みなし再入国許可を含む)を得て出国している者の場合は、査証制限等の対象にはなりません。ただし、「1.日本政府による入国制限」地域を出発、経由した渡日は、上陸拒否対象となり入国できません。
再入国許可(みなし再入国許可)とは?

 

2.     日本政府による渡航者に対する14日間待機

(4月2日更新)
4月3日以降、全ての国及び地域からの入国者(日本国籍者含む)は、検疫法での隔離・停留が必要な場合のほか、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要となります。また、国内において公共交通機関を使用しないことが要請されています。(電車やバス、タクシーを含む)

厚生労働省:水際対策の抜本的強化に関するQ&A
外務省:新型コロナウイルスに関する水際対策強化

 

神戸大学の対応

(3月26日更新)
令和2年度の授業開始日については、原則として4月20日(月)とします。
4月20日(月)以前に開始する授業は、各部局からお知らせします。
授業の実施について

なお、国際教育総合センターの日本語科目授業は、4月20日(月)から開始します。
CIEの対応について


(3月25日更新)
外務省感染症危険情報レベル1以上の地域から帰国(経由を含む)する学生は、学外で14日間待機してください。この14日間は学外滞在となり、神戸大学のキャンパスおよび学生寮へ入れません。
学生寮における新型コロナウイルス感染リスクを軽減するため、学生寮居住者が海外から帰国する場合は、入国後 14 日間の待機場所として学生寮を利用できません。

待機期間の14日間は、毎日体温を測り(朝夕2回以上)、手洗い、咳エチケット(マスクの着用)を徹底し、咳・発熱など体調不良の場合は、まず、所属予定学部の担当者へ連絡し、指示に従ってください。
健康状態チェックリスト(PDF)

(国際部国際交流課)