公益社団法人神戸港湾教育訓練協会から海事科学研究科に寄附をいただきました

2020年06月26日

6月24日、神戸港発展に寄与する海事人材の育成支援を目的として、公益社団法人 神戸港湾教育訓練協会から神戸大学 海事科学研究科に1,000万円の寄附目録が贈呈されました。

公益社団法人 神戸港湾教育訓練協会は昭和49年に設立され、神戸港港湾関係従事者の社会的・経済的地位の向上、港湾経済発展への寄与、海事思想の普及を図るため、教育訓練等の事業を進めてこられていましたが、全国的な研修施設である港湾技能研修センターが神戸市ポートアイランドに移転開所したことから、設立目的が引き継がれたとして令和2年3月をもって解散することとなり、同協会の残余財産を神戸大学大学院海事科学研究科にご寄附いただくこととなりました。

贈呈式は神戸市役所で行われ、公益社団法人 神戸港湾教育訓練協会から佐伯邦治会長、青井清一副会長、田中孝副会長、岡陸郎専務理事、神戸大学から小田啓二理事、阿部晃久海事科学研究科長、神戸市から辻英之港湾局長、加島洋子港湾局総務担当局長、藤岡健企画調整局つなぐ担当部長、綱岡俊宏港湾局経営企画課担当課長が出席しました。贈呈式では阿部晃久海事科学研究科長が「本日いただきました貴重なご寄附については、現在の海事科学部及び新学部となる海洋政策科学部において海事人材育成の観点で有効に活用させていただきたい」と御礼の言葉を述べ、和やかな雰囲気で懇談しました。

 

(海事科学研究科)