海事科学研究科のゴメス教授が火山地形学の分野で世界7位に選ばれました

2020年09月17日

2020年8月4日に地球科学の国際誌『Geosciences』で発表された論文『火山地形学:全世界での研究のレビュー』で、海事科学研究科のゴメス教授が世界7位に選ばれました。

この論文は「Scopus」という世界最大級の学術雑誌記事・引用などのデータベースを用いて、2019年までの過去30年間に発表された研究成果を計量書誌学的な手法などにより分析し、注目される研究を調べたもので、ゴメス教授は本分野への貢献度が高い著者として掲載されています。また、本研究分野において発表された論文数のランキングでは、日本は世界で第9位に入っています。

このニュースについて、ゴメス教授は「世界7位の評価を頂けて嬉しいです。海事科学研究科での教育・研究にさらに貢献できるように今後も努力を続け、さらにランキングを上げたいです。」とコメントしました。

 

 Volcanic Geomorphology: A Review of Worldwide Research

(※ 論文中ではゴメス教授の所属が、以前の所属先であったカンタベリー大学になっています)

(海事科学研究科)