食資源教育研究センターで栽培した「神大のおこめ」がふるさと納税の返礼品になりました

2021年09月16日

今年度も昨年度に続き、大学院農学研究科附属食資源教育研究センターで栽培した「神大のおこめ」が、同センターの所在する兵庫県加西市のふるさと納税返礼品として、提供されることになりました。

このお米は、学生実習や中学生の就業体験など教育や地域貢献活動の成果となる物で、厳しい安全管理の下で栽培された、安心安全な美味しいお米です。本年度は農林水産省が策定した「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に沿って栽培された『特別栽培米』を提供します。

ふるさと納税を扱う各種サイトでは、「神大のおこめ(特別栽培米ヒノヒカリ)玄米30kg」と「神大のおこめ(特別栽培米ヒノヒカリ)白米9kg」が提供されています。お申込みや詳細については、加西市HPのふるさと納税のページをご覧ください。

※ 時期や、各種ふるさと納税サイトによって扱いが異なる場合がありますのでご注意ください。現在「さとふる」と「G-Callふるさと納税」での取り扱いはなし。

また、加西市では他にも多数のお礼の品(加西特産品)を提供しているので、 リンク先の各種ふるさと納税サイト内で探す際は「お米」のキーワードで検索・ 絞り込み等をすると見つかります。

加西市HPのふるさと納税のページ

神大のおこめ

 

 

神戸大学大学院農学研究科附属 食資源教育研究センター について

食資源教育研究センターでは、農業を学ぶことはもちろん、生産された農作物が食卓に上るまでの過程や食の安全をテーマとした実習を、神戸大学の学生のみならず他大学の学生や地域の小中学生に提供しています。食資源教育研究センターのHPでは、栽培した作物の情報や活動履歴などを公開しています。また、学生実習の様子など最新情報はFecebookでもご覧いただけます。

(食資源教育研究センター)