新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

2021年10月18日

新型コロナウイルス対策本部会議担当理事・副学長 木戸 良明

教育担当理事・副学長 大村 直人

 

10月15日付けで、厚生労働省から、新型コロナウイルスに感染した場合に合併して発症する心筋炎等の発生頻度よりは低いものの、ファイザー社ワクチンに比べて武田/モデルナ社のワクチンの接種後に生じる心筋炎等の発生が高いことから、 10代・20代の男性は、ファイザー社のワクチンの接種も選択することができる 旨の通知がありました。

神戸大学職域接種会場では、武田/モデルナ社のワクチンを接種しております。

今後、10代・20代の男子学生を対象に、予約中の方や、既に1回目を接種した方も、ファイザー社のワクチンを希望する場合は、他の機関において予約を取り直してファイザー社のワクチンを接種することが可能となります。

他機関の予約に関しては、厚生労働省のコロナワクチンナビを参照願います。

なお、学生本人が希望する場合には、武田/モデルナ社のワクチンを接種することもできます。

ただし、学生が未成年の場合は、保護者とも相談の上、どのワクチンの接種を希望するか決定してください。

 

 

厚生労働省

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会における審議を受けた対応について

10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ: 新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

 

コロナワクチンナビ(新型コロナウイルスワクチン接種の総合案内)